• Swarmインタフェイス

Your request has been submitted. We will contact you as soon as possible.

Thank you for your interest in Caringo!

Contact us to schedule a demo.

CloudScaler

RESTfulインタフェイスの意義:Swarmストレージアクセスは直感的で、スケーラブルで、将来性に富んでいます。

Caringo SwarmのネイティブなインタフェイスはHTTP 1.1ベースのRESTfulアーキテクチャです。HTTP 1.1およびRESTのような標準的で普遍的なプロトコルを使用することはSwarmへのアクセスが直感的で、スケーラブルで、将来性に富んでいることを意味しています。

CloudScaler

成功のカギ、セキュアクラウドストレージサービス

CloudScalerはSwarmとの組み合わせで、データセンタ内のプライベートクラウドストレージサービスやAmazon S3と競合するパブリッククラウドストレージサービスに必要なすべてを提供します。

既存の認証システムに統合

LDAP、Active DirectoryおよびLinux PAM認証をサポートしていますので、既存の企業内認証管理システムと統合することができます。CloudScalerはまた、認証前のログインのためのトークンベースの認証もサポートしています。

細かなコンテンツアクセス制御

強力なアクセスコントロールメカニズムによってドメイン内(パブリックにもプライベートにも)のコンテンツに対する粒度の細かなアクセス制御が可能です。

課金、レポート、サービス監視のためのメータリング機能

管理者はドメイン毎のトランザクションとリクエスト(ストレージへの要求、ログインなど)の情報にアクセスすることができます。この情報をパースすることで、詳細な課金情報や使用した帯域を確認できるアカウントレポート、アクセス監査、およびAPI リクエストのサマリを作成することができます。管理ポータルからグラフィカルなレポートを作成することもできます。

強力な管理機能

システムの管理はプログラムによって行うこともできますし、Webベースのポータルを通じて行うこともできます。オープンな管理APIを使って管理システム、ビリングまたはクラウドオーケストレーションプラットフォームと統合することができます。

バケット制限の無い柔軟なネーミングスキーム

容易なストレージ管理およびフレキシブルなバケットのネーミングスキームを採用し、軽量なテナントおよびドメイン作成と割り当てが可能です。

既存ドメインを使用できます。

コンテンツへのアクセスと配信には既存の企業ドメイン名を使用することができます。S3 APIのバケットの仮想ホスティングもサポートされています。

クラウドプラットフォームとの相互接続性

CloudScalerはCitrix CloudPortal Business Manager 2.0以降とシームレスに統合されています。また、Apache CloudStackおよびCitrix Cloud Platformと連携動作するように設計されています。

Amazon S3 API サポート、拡張可能なAPIアーキテクチャ

CloudScalerはAmazon S3 APIをサポートしています。拡張可能なインタフェイスアーキテクチャを持ち、シームレスに他のサードパーティAPIを追加することが可能です。Amazon S3 APIをサポートする幅広い分野の多数のアプリケーションが直接CloudScalerを使って動作することが確認されています。

FileScaler

POSIX 互換ファイルシステムアクセス

Caringo FileScalerはCaringo Swarmへアクセスするための標準的なファイルシステムインタフェイスを提供します。既存のアプリケーションやワークフローを変更することなくCaringo Swarmを使用することができます。

POSIX互換ファイルシステムアクセス

FileScalerは標準的なLinuxサーバを標準的なファイルシステムプロトコル(SMB、NFS、FTPおよびWebDAV)を使用するアプリケーションやデバイスからSwarmへアクセスするためのマウントポイントを提供するアプライアンスとして利用できるようにするものです。

巨大データセットに対応する超スケーラビリティ

FileScalerはファイルの数によって性能が低下しない世界で唯一のファイルシステムです。

継続的なデータ保護機能とコンテンツの過去のバージョンへのアクセス

FileScalerは継続的なデータ保護機能とTimescapesというコンテンツを特定の過去の状態に復元する機能を統合しています。Timescapesが基本的なスナップショット機能よりも優れている点は、マウントポイントに書き込まれるトランザクションをすべてキャプチャしている事です。

エンタプライズクラスのセキュリティ

エンタプライズのセキュリティ要件に合うようにFileScalerはシームレスにアクティブディレクトリ (AD)とアクセスコントロールリスト (ACL)と統合し、高度なアクセスコントロールを可能にする柔軟性に富んだパーミッションモデルを採用しています。ユーザおよびグループ単位のファイルレベルの読み出し、書き込みおよび実行権限のコントロールをサポートしています。